交通事故と賠償金

自己の不注意で怪我をした場合私達はそれを自己で解決しますが、それが他人によるものの場合、基本的には怪我を負わせた側が何らかの形で賠償しなければなりません。それが、いわゆる『責任』であり、私達はだれもが公平にそれを負う義務があります。

さて、日常的に誰かに怪我を負わせてしまう、または誰かから怪我を負わされてしまうと言うことはあまりありませんが、それが起こりうる事態の一つが、交通事故です。今や車という手段は誰もが用いるようになった交通手段ですが、それはときに人の命を奪う凶器となります。私達がナイフの本来の使い方を間違った方向へ向けてしまうように、車もそれを扱う人次第で、殺傷能力があるものとなってしまいます。それを私達自身が意識していなくても、自分たちの運転や不注意が原因となって、誰かに損害を負わせてしまうことがあるのです。この場合、冒頭で述べたように『責任』を負う必要があり、何らかの形で賠償しなければなりません。単に相手の車の修理費を払うだけでなく、それ以上のことが求められる場合が多くあります。そういった事態に至らないために、普段から安全な運転を心掛ける事が求められています。

私達が逆に被害者の場合、『治療費』などの賠償を請求することになりますが、相手に賠償を負わせる場合、その手続きに関して注意しなければ、本来は受け取れるはずの賠償額が大きく下がってしまうことがあります。どのようなポイントでしょうか。